ネイチャーハンの未知との遭遇

理数好き初心者が語る、身近にある面白さ

【不倒】それでも、私は動ける。

昨日が仕事納めの日でした。

 

ですが頭痛が起きて、予定していた半分しか仕事が終わりませんでした。

今でも頭痛がうっすら残っています。

最後まで、この頭痛に苦しめられています・・・

職場の方々にもご心配かけてしまいましたね。最後まで申し訳ないです。

 

とんでもない痛みが続く中、仕事を切り上げて帰ってきました。

道中、これまたとんでもない寒さでした。

手袋をしているのに、手がちぎれそうでしたから。

そんな中、吐き気もするように。

 

これが、「必死」というやつか。

自転車に乗って、手がちぎれそうなくらいの痛みと、頭が勝ち割れるんじゃないかと思える痛みに襲われながら、ゆっくり走りました。

 

 

 

頭が痛い。寒い。気持ち悪い。

頭が痛い。寒い。気持ち悪い。

頭が痛い。寒い。気持ち悪い。・・・

 

 

 

もう途中から、何も感じなくなりました。

正直、あれからどうやって家までたどり着いたのか覚えていません。

テーブルにスポーツドリンクが置いてありました。無意識でどこかに寄って、買ったんでしょうか。

 

今回のことで分かったのは、意識がなくても自分は動けるということです笑

少なくとも死にゃあしない、と。

 

どんだけしんどい!もうムリ! と思っても、人間って案外どうにでもなるんだなあと思いました。

 

 

 

 

 

今はコタツでぬくぬく、このブログを書いています。それくらい体調が戻ってきました。

 

今日の予定は、大そうじと車のタイヤ交換です。今日こそ、予定通り進めたいものです。

【救世主】天気痛予報。

心配事が尽きない、私の人生。

 

1つは、お金のこと。今年度の収支がマイナスになるのは確実です。

まぁ、これは転職したのである程度覚悟していました。今は、ある分でやりくりするしかありませんね。今後、収入をいかに増やすかが課題です。

 

そしてもう1つ、体調です。

私は、偏頭痛もちです。気圧が原因でよく起こります。

一応、定期的に病院で診てもらっていますし、スマトリプタンという薬ももらっています。

 

しかしながら、この薬。痛みがひどくなる前に飲まないと効かない薬なんです。ひどくなってからでは、ほぼ効き目がありません。

 

服用するタイミングがすごく重要なのに、そのタイミングが掴めなかった。これが、今まで抱えていた大きな問題でした。

 

そう、今までは。

 

 

 

 

 

この前、病院へ行きました。

そのときに、主治医の先生からあるアプリを教えてもらいました。

 

それが「天気痛予報」です。

weathernews.jp

 

まぁ厳密にはアプリじゃないですけれど。

でも、なかなかに素晴らしいツールです。

 

なんでも、男性と女性では、偏頭痛が生じる原因の傾向が異なるそうな。

 

男性は気圧の関係、女性はホルモンバランスやストレスからくることが多いらしいです。あくまでも傾向としては、だそうですが。

 

私の場合は、明らかに気圧が関係しているとのこと。だから、この天気痛予報を見れば、どのタイミングで頭痛が起こしやすくなるかが簡単に分かるようです。

 

早速ダウンロードしました。もうね、手放せません。

 

「警戒」と表記されているタイミングで、やっぱり重く感じるんですよ。頭が。

ズーンと、重い何かが頭に乗っかっている感じになるんです。

 

なるほど。これは便利である。

 

これまで、授業がある日に頭痛を起こし、何度か休みをもらっていました。

来年から徐々に対面授業もする機会が増えるので、このままではまずいなあと思っていたところです。そんな矢先の、思わぬ出会いでした。

 

これで、ひと安心です。

 

 

 

 

 

さあ、明日が今年最後の授業。がんばります!

【X’mas】電動のこぎりで板を切る。

世間はクリスマス。

 

そんな中、私はいつもと同じように、来月の授業の準備をしていました。

 

やることは、とにかく板を切り分ける。これです。

電動のこぎりで、ひたすら切っていきました。

↓ これです。

 

 

切り分けた後は、ドリルで穴を空けました。

これがなかなか難しかったです。穴の角度がすごくシビアでしたから。

 

まあでも、なんとか準備ができたので良かったです。

 

明日は午後から、準備の仕上げに入ります。

なんとか明日で終わればいいんですが・・・

 

できれば、月曜日に仕事したくないですからね。

 

さ、朝早いのでもう寝ます。おやすみ。

【初】職場よりこんばんは。

タイトルの通りです。
ただいま、職場からブログを書いております。

もうじき、今日予定していた仕事が終わります。
といっても、肝心なものがまだ手つかずなのですが。

まぁ、それはまた明日以降にしようと思います。

ただ、あんまり後には回せないんですよね・・・

あと1週間で、仕事納めですから。

さぁ、そう言っている間にUSBへのファイルコピーが終わりそうです。

明日もがんばりますよー!

【早くも】自転車ベルの怪異。

ここのところ、鳴らす気がないのに勝手に鳴るんです。自転車のベルが。

 

原因を調べてみると、どうやら中のバネが弱ってしまっているらしいとのこと。

 

修理するより買い替えた方が安く済みそうなので、次の休みに買いに行こうと思います。

 

 

 

願わくば、バネの耐久性が高いものがいいです。でも、どんなベルがこの条件に該当するのか分かりません。

 

こういうときは、店員さんに聞くのがいちばんですね。

 

なんとか、安くていいものを手に入れたい・・・

 

こういった、従来のものでもいいですし、

 

 

あまり見たことない、このリング型もいいですね。取り付けられるか分かりませんけど。

 

 

簡単に取り外しができる型もあるようです。

 

 

 

 

 

耐久性以外、特にこだわりはないです。

 

早く、勝手に鳴らないようにしたいです。

【失望】「普通」ってなにさ。

たぶん、自分はアスペルガー症候群に罹っています。

 

昔から他人の言っていることが分からず、何かと失敗をくり返し、そのたびに「すみません」「ごめんなさい」を連発していました。

 

ゆえに、それらの言葉は私にとって「自分を貶める言葉」という認識です。あぁ、自分はダメなんだ、と。

 

 

 

 

 

で、今日は今日で、仕事のミスが多々発覚し、社長から指摘されました。

 

本来なら、自分のミスですから「すみません」と言うのでしょう。それは、私も理解していました。

 

でも、私が口から出したのは「ありがとうございます」でした。

 

自分のミスをカバーしていただいたのですから、謝罪より感謝を伝えようと判断したからです。

 

でも社長から言われたのは、

「普通なら、自分のミスだから謝るでしょう?」でした。

 

その言葉を受けて、ショックを受けました。がっかりしました。

 

別に、謝らなかったことについて咎められたからではありません。

「普通は」という言葉に、です。

 

つまり、「おまえは普通じゃないな」と言われたわけです。本人にその気があろうがなかろうが、事実はそういうことです。

 

今では、自分はそもそも他の人と考え方や感じ方が違うと分かっているので、昔ほど傷つきはしません。

 

でも、結局今いる場所でさえ、「おまえは普通じゃない」と指摘されたわけです。

 

 

 

 

 

そんなことは分かっているんです。言われずとも。

何にも対策立てずに生きてきたとでも思っているんでしょうか。だとしたら、バカにしています。

 

結果が出ていないのは認めますよ。だから生きるのが苦しいのです。

そんな人間に、「普通じゃない」というのは酷です。

 

普通って、なんでしょう?

何を以て、普通なんでしょう?

謝るべきタイミングで謝るのが、普通ですか?

感謝の気持ちをもったから言ったのに、謝るべきタイミングでそう言ったから「普通ではない」ということですか?

 

だとしたら、私にとっては生きづらい世界です。

 

だれか、「普通」とは何か知っているなら、教えてください。

私が納得のいく回答をお待ちしています。

【矛盾】承認欲求増幅装置。

ブログを初めて7か月。

なんやかんやで200記事を超えました。

 

開設する前は、こういった媒体を毛嫌いしていました。

 

いや、媒体というよりは、それを使う人たちを、ですね。

 

そんなに自分のことを見てほしいのか。

見てもらって、何かコメントもらわないと満足しないのか。

メッセージ返している暇があるんだね。

 

なんか、今の自分は大丈夫だ。って思えていなくて、

誰かに自分のやっていることを見てほしくて、

「すごいね」って、言ってもらいたいんだろうか。

ふだん、身近な人から言われていないんだな。かわいそうに。

 

で、こういう媒体を使って、ふだん直で会うことのない不特定多数の人に言ってもらって、満足したいと思っているんだな。

こういった媒体は、承認欲求を増幅させる装置なんだな。

自分は、こんなもん使ってたまるか。

 

くらい、斜に構えた見方をしていました。

いや、今もですね。正直。

 

 

 

 

 

ただ、私もそんな人間の1人です。

 

今まで、自分がやっていることを誰かから認めてもらった、見てもらったと思ったことがなくて、

 

だから認めてほしかった。

 

 

 

でも、昔は自分からまわりにいた人を遠ざけました。

 

もういいや。って。

どうせ誰からも相手にされないし、周りに誰もいなくていいや。って。

 

だから、今までの生活をガラッと変えることができたんです。でなきゃ、縁もゆかりもない京都に来ようとは思わなかったでしょう。

 

昔仲の良かった人たちとも、LINEグループを抜けてからほとんど連絡とっていません。

 

 

 

 

 

でも本当は、やっぱり認められたいという気持ちがまだあります。

 

目指すところは、「誰からも認められずとも、自分は自分で大丈夫」という心でいること。

 

ただ、そう思えるようになるためには、私からいろんな方の日々されていることを認める。ということから始める必要があるようです。

 

まぁ、そうですよね。相手が自分という存在を認めていないのなら、その相手のことを認めようとは思わないですもん。

 

自分は誰からも認められていないけど、相手のことを認めよう。なんて、神様仏様でもなきゃできないですから。

 

相手を認めることをくり返したその先に、自分で自分を認める心が芽生えます。これは間違いないです。

 

 

 

とはいえ、まだこの媒体でいろんな方とかかわることに抵抗を感じます。

計300回近く見ていただいているのにね。笑

なのにブログをアップするという、この矛盾。

 

ひとまず、自分の心のままに動こうと思います。

手始めに、私の身近にいる人のやることを認めるところから始めます。

 

さあ、やるぞ!