ネイチャーハンの未知との遭遇

理数教育を中心に、考えたり感じたりしたことを、ただひたすら書き留めていくブログ

【人生是修行也】32歳の初挑戦。

こんばんは。今日もお疲れ様でした。

 

新年度が始まり、1ヶ月が過ぎました。皆さんは、もう新生活に慣れましたか?

まぁ、今年もコロナウィルスの影響から、「慣れるも何も…」という人もいらっしゃるかと思いますが…

 

私の勤める理科実験教室の場合は、宣言後もひとまず手洗いや換気などの対策を欠かさず行いつつ、授業を行う方針となっています。と同時に、Zoomを使ったオンライン講座も行っています。

 

それに伴ってと言いますか、オンライン講座で使うテキストの編集に携わることになりました。

 

教師時代に「学習指導案」というものを書いたり、日々の授業の流れを簡潔にまとめたオリジナルノートを作ったりしていたので、そこまで大変な業務ではないのですが、

 

書きぶりが異なっていたり、そもそも授業のねらいをイチから考えないといけなかったため、思ったより時間がかかってしまっています。

 

教師の経験がある方にはご理解いただけるかと思いますが、おおよそ学校の授業は「学習指導要領」に則して授業の流れを考えるわけです。そして、学習指導要領あるいは「指導書」には、その授業の「ねらい」が書かれている…

 

つまり、今まではそもそも決まっている「ねらい」に沿って、授業を組み立てれば良かったわけです。率直に言えば。

しかし、今回からはそうは問屋が卸さないという…

 

ただ、別の見方をすれば、自分の責任の下、その授業でお子さんたちに身につけてほしい力を自由に決めていいということでもあります。

 

先ほど「時間がかかっている」と言いましたが、何だかんだでとてもやりがいを感じながら取り組んでいます。

 

 

 

また、別の挑戦として、「サークルカッター」を使って板を円形に切り取るという作業も行っています。

 

「サークルカッターって、何?」と思われている方は、参考までに下にリンクを貼っておきますので、よろしければご覧ください。

www.amazon.co.jp

 

これを、別売のドリルに取り付けて使います。

www.amazon.co.jp

 

結構な速さで回るので、当然ながら少し間違えば足の指は簡単にとんでいきます。

おまけに、回している最中、頻繁に板にひっかかるので、かなり手が痺れます。

 

板の質なのか、自分の腕前が原因なのか、板にささくれがたくさんできてしまい、サンドペーパーで削る手間も発生するハメに…

 

でも、社長が使うと、すごく滑らかな仕上がりになるんですよね…

となると、やっぱり腕前か…

 

もう、ひたすら練習あるのみ!ですね。

 

こんな感じで、1ヶ月経った今でも、人生初のものにたくさん挑戦させていただいています。

 

皆さんは、何か挑戦していることはありますか??