ネイチャーハンの未知との遭遇

理数教育を中心に、考えたり感じたりしたことを、ただひたすら書き留めていくブログ

【現実的】残価設定型クレジットのやっかいさ。

こんばんは。今日もお疲れ様でした。

 

最近、理数に関係ない話題が多くなっていますが、

 

それだけ、目まぐるしく自分の周りが変化している、ということでしょう。

 

 

 

 

 

ただ、今まで身近にあったけれど、理解していなかったこともあります。

 

今回は、車の「残クレ」です。

 

 

 

私はてっきり、返却しさえすればいい、と考えていました。

 

でもそうではなく、

 

返却するときの車の価値によって、実質タダでいいときもあれば、

 

価値が想定以上に下がっていれば、返却時に「追金」が発生することも。

 

 

 

そのことをきちんと理解していなかったが故に、

 

支払いが難しくなった今でも、返却できずになりそうです。

 

 

 

冬のボーナスも、そんなに出ないでしょうから

 

今年の支出で言えば、マイナスになるのは必至です。

 

 

 

なんとかなるかなぁ・・・

 

ま、なんとかするしか、ないんですけどね。