ネイチャーハンの未知との遭遇

理数教育を中心に、考えたり感じたりしたことを、ただひたすら書き留めていくブログ

【理解】自分事。

こんばんは。お疲れ様でした。

 

 

 

 

 

「自分は、自分のままでいい」

 

この言葉の意味を、少しばかり理解できたような気がします。

 

 

 

いつも、授業後にフィードバックをしています。

 

そのときに、「なぜ、そのような行動をしたのか」を問われることが多いです。

 

 

 

私はこれまで、そう問われても、うまく言葉で説明できませんでした。

 

自分の中で、「その方がいい」と判断しているんですが、

 

その理由が、はっきりしていなかったからなんですよね。当然ですけども。

 

 

 

 

 

で、昨日のフィードバックで気づいたんですが、

 

判断基準が、「この先生なら、何て言うかな?」だったんですね。

 

なぜ、そんな基準を設けたか。

 

「先生によって、言っていることが異なると、お子さんが混乱するからよくない」と考えていたからです。

 

この視点自体は、今でも間違っていないと思っています。

 

ですが、結局「自分が主体」ではないんですよね。

 

理由を「他の先生」に求めてしまっているので。

 

 

 

 

 

そう考えたとき、今まで自分が主体的に判断していなかったことに気づきました。

 

そして、「自分は自分でいいのだ」という言葉の意味を、本当の意味で理解できました。

 

ずっと、先生方は、そのことを私に伝えてくださっていたのです。

 

 

 

少し、言葉で説明するのは難しいですが、

 

これまで、私は「先生から聞かれている」と感じていました。

 

でも、本当はそうではなく、

 

「自分が自分に問いたいことを、今、目の前にいるこの先生の姿で問われている」というのが、正しい解釈な気がします。

 

こう考えるようになったとき、なんだか自分で自分を認められるようになった感じがしました。

 

 

 

 

 

難しく考えず、飾らず、今の自分で考え、行動する。

 

失敗はたくさんするかもしれないが、

 

この積み重ねによって、成長できるのだろう。

 

 

 

という考えに至り、かなり気が楽になりました。

 

なので、今日の仕事は、今までよりも頭を使ってできたと思います。

 

その分、糖分を多めに取りましたが笑

 

 

 

 

明日も終日授業がありますが、お子さんと楽しみます。