ネイチャーハンの未知との遭遇

理数好き初心者が語る、身近にある面白さ

【整備】実験で感動を生み出すために。

普段、私は授業のアシスタントの他に、会社の実務もいくつか担当しています。

 

ざっとまとめると

・電話やメールのお問い合わせの返信

・教室の修繕

・冊子やチラシの準備

・資料請求やご入会希望があったときの郵送準備

おおよそ、こんな感じです。

 

 

 

 

 

特に苦労しているのは、教室の修繕です。

 

何かの取り付けとかをしているんでしょ? と思われる方が多いと思います。

確かにそうなのですが、それだけではありません。

 

例えば、今進めている暗幕の取り付け。

まず、カーテンレールがありません。だから、どれくらいの長さが必要なのか、メジャーを使って測定しました。結果、4mでいけると分かりました。測定、大変でした・・・

 

で、もちろん暗幕もありません。カーテンレールに合うものを選び、注文します。

ただし、カーテンレールによっては、重量が大きすぎて暗幕が取り付けられない可能性が出てきます。実際の順序としては、暗幕を発注してから、それに合わせてカーテンレールを選びました。

 

さて、発注してから数日経って届いたのですが。

 

もう、勘のいい方はお気づきかと思います。

 

カーテンレールが長すぎて、階段やエレベーターでは運べません。

ここ、私の中では想定外。

 

社長と相談し、その日の授業が終わった後に、窓から引き上げ作業をしました。

 

梱包材(プチプチ)を全体に巻き付け、布テープでぐるぐる巻きにし、ロープで括り付け、そして引き上げ。

 

窓からヒモを垂らし、ロープに結んで引き上げです。

 

引き上げたのは、社長と先輩。私は下からもう1本括り付けたロープで、窓枠にぶつからないようバランスをとっていました。

 

そして、今に至ります。

 

今日は仕事お休みなのでしませんが、水曜日にいよいよ取り付け作業に入ります。

終わったときには、間違いなく達成感に満たされることでしょう。

 

 

 

 

 

こんな感じで、修繕をしています。

 

大変ですが、これをすることで、実験のときに感動を生み出すことができます。

特に、部屋を暗くすることで火が見やすくなりますからね。

今までお子さんたちが気づかなかったことも、気づきやすくなるでしょう。

 

私が受け持つ仕事とは、そういう仕事なのです。

 

でもとりあえず、今日はゆっくりします。